基本的にこのブログでは、美味しい店を紹介したいのだが、新規開拓の場合、どうしてもたまにハズレを引くこともある。先日、全国展開しているチェーン店ではあるが、札幌に初上陸というわけで行ってみたのだが、これがとんでもなくハズレであった。チェーン店だからマズイ、ダメというわけではなく、普通に「大戸屋」は美味しいとは思うのだが、チェーン店にありがちな「効率」というものを追求するとよくないという例を紹介しようと思います。はっきりと悪口を言うので店名は伏せておきます。

新しく出来た商業施設にいくつかの食事が出来る店がテナントで入っているのだが、その中で開店前 から少しだけだが行列が出来ている和食の某店。行列に並ぶのは大嫌いなのだが、これくらいならまあいいかと並んでみたものの、いざ開店となってもあまり列が進んでいかない。どうやら、この店は入店時に注文と会計を済ませてしまうシステムらしい。お客を待たせる意味がさっぱりわからないのだが流行ってる感を出したいのだろうか?

ランチ時のメニューはそれほど多くなく、無難であろう「しょうが焼き定食」を頼む。注文してから料理が出てくるのが妙に早い。嫌な予感がしたが案の定、豚肉は固くボソボソしている。タレはなんとも表現しにくい寝ぼけた味でしょうがの風味が死んでいる。正直、サウナの食事でも、もっとまともなしょうが焼き定食は出てくる。ぶっちゃけ、自分で豚のバラ肉買って焼いて、しょうが焼きのタレをかけた方がまだ美味い。

カウンターに座って、キッチンから料理が運ばれていくのを見ていると、やはり注文票が入ってから料理が出来上がるのが早い。この日の日替わりの焼き魚定食は、さばの塩焼きだったのだが、かなりの早さで出て行く。おそらくこの店はランチ時には、ある程度の仕込みを終えてしまっているのだと思う。肉が固かったのは、スライスした肉をあらかじめタレに漬けておいて、後は焼くだけの状態で時間が経っていたからだと予測。

絶望的なのが水分を感じないパサパサの千切りキャベツ。 大きさと細さが均一だったのでカット野菜だと思うが、コンビニやスーパーで売られているカット野菜の方がまだ新鮮。これも中国などの海外の工場でカットされた野菜を輸入したものと考える。さらに、しょうが焼きに添えられたキャベツというのはタレと肉汁で食べたいと思うのだが、肉汁はほぼなくて残念なことに既に酸味の効いたドレッシングがかかっている。

実は、この店はごはんの友である、二種類のアレ(これを言うと店がばれる)とごはんがおかわり無料という嬉しいシステムがあるのだが、片方のアレはただ辛いだけ。スーパーで売られている方がずっと美味しい。もうひとつのアレは「え?こんなものなの?」ってぐらいに旨みを感じない。むしろ調味液の風味が気になって食が全然すすまない。なので、ごはんのおかわりは断念した。店内でもおかわりをしている客は少ないようだ。このお店は、もともとこのおかずの友が売りの店なのにこの残念な結果はありえない。これも予想でしかないが、単品で売られている商品とランチで使われているものとは別なのだと思う。

ランチメニューも4つぐらいからしか選べないのも材料の廃棄ロスを少なくしたいからでは?とかキッチンで調理している店員さんも含めてみんな若い(おそらく全員20代)というのもおしゃれなビストロとかでは結構あるのだが、やはり店内調理の部分が少ないのだろう?と色々疑ってしまう。というわけで、もうこの店に行くことはないと思う。